読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

have no choice

好き勝手、書く場所

母は偉大。

わたしの母は、けっこーアホです。

これ見たらすんごい怒るだろうけど。

でもこれは褒め言葉です。

自分に正直に生きているアホだからです。

 

母は不倫ばかりしているダメ女でした。

私が17歳の頃、離婚して家をでていき

1ヶ月後には不倫相手と再婚するというスピード感と行動力。

娘のわたしは1人の女として結構引きました。笑

母は子宮を全摘していたので、妊娠の可能性がゼロで法律に邪魔されずスピード再婚ができました。

 

今思うと多感な時期だったので、

その後1年?ぐらい母とは音信不通を

つらぬきました。

母にとってはこれ以上ない処罰だったと思います。

 

でも私もその間、不倫をしていました。

それはまた別カテで書きます。

 

だから何故か母のことを許してしまったのです。

父は可哀想だな、とは思っていたけど

かなり性格に難がある男なので

たしかによく27年も一緒に暮らしていたねと思っていました。

幼い頃から、あんたが大人になったら離婚する宣言をされていたので、まぁ時間の問題かーとは思っていたものの。

 

私はいま父と2人暮らしをしていますが、

20代前半は父の発言や態度にストレスの限界で実家を出ていっていました。父の病気で実家に戻ったんですが、それも追って…

 

で、ようやく母と連絡をとり、

母の旦那さんとも会うことにしました。

すると、これまでは見たことない

母の幸せそうな表情だったり

テンションだったり

この人はやっと運命の人と一緒になれたんだなぁと、なぜかホッとしたんです。

それと同時に、自宅という籠のなかで

わたしみたいな不良娘と

ニートな兄とヤンキーな弟という

問題ばかりの3兄妹を、20歳には嫁入りして

育てたあげたことから解放されて

このひとはやっと青春を味わってんだな

と思えました。

 

母は、一生わたしの母だけど

ひとりの女なんだと。

 

だから、女として女を正直に生きている母を

いまは尊敬しています。

そこまでにいろんなひとを傷つけ

迷惑をかけてきたことを

本人は反省してるようですし。

色々借金も返しおわったのかな?

子宮を全摘したことも含めて、

償いは終わったんだと思います。

 

そんな母に病気のことを告げると

ストレスの遺伝子もあげちゃったねと

謝られました。

そういう言葉がほしくて告げたわけではない。

でも、なんだか言わなきゃいけない気がして

告げたわけだから、

このひとはどんだけアホでも

わたしの母であることは揺るがないので

なんやかんや頼ってあげなきゃなと

思ったわけでございます。

 

そして少し心が軽くなるし。

 

 

母は偉大である。