have no choice

好き勝手、書く場所

【副腎疲労:闘病記】診断されて1週間

今日で診断されてから1週間。

とりあえず1週間たったので、お医者さんのところへ行ってきた。

 

診療室に入った瞬間、

「顔色よくなったわね〜!こないだは目を開けるのもしんどそうだったのに!」

と言われた。笑

目を開けるのもしんどそうだったのか…

 

顔色が良くなった自覚はある。

よく眠れるようになったからクマがだいぶひいた気がするし、肌荒れも少しよくなった。

 

 

今日は問診のみで、あと1ヶ月は同じ量の薬を飲むことになった。

そう、副腎疲労って自由診療なので保険がききません。

薬で身体をだましていても仕方ないとは思うので、もっと精密に検査をして根本から治療したい気持ちもある。とくに骨の歪みの部分。。

 

でも保険がきかないからお財布との相談になる。

先生にも月にこれぐらいしかかけれない、と話した。

財布のひもきつい患者でごめんなさい。

 

 

生活習慣とか、食生活に関しては自分の意識次第でなんとかできるのがこの1週間でわかった。

コーヒーと酒をこんなに飲まなくても生きてられるのは薬のおかげなのだろうか…。

まだ1週間だからなのかもしれないけど、どうしても飲みたい!!という衝動は特にない。

疲れをごまかすために飲んでたにすぎなくて、実はたいして好きじゃないのかも。。

って思えてくる。マインドコントロールかもしれないけど。笑

 

でもきっと1番の原因は、結局ストレスなんだと思う。

精神的なのもあるし、生活習慣そのものがストレスで、疲れている自分自身がストレスだったのかも。

治療をはじめてからは、ぐったりしたり、部屋に帰った瞬間に電池切れのように眠る、みたいなめっちゃ疲れてる状態がなくなった。

 

それだけでも結構ストレス緩和された気がする。

 

****

 

リサーチするのが仕事柄クセなので、副腎疲労のことばかりぐくってるんですが、メモがわりに色々まとめたいなとも思いました。

それはまた追って。

 

PC版のデザイン変えました。

テンプレだけど。水色がすき。