思うこと、想うこと。

アラサーOLが好き勝手つぶやく場所です

【人生の振り返り】絵を描くまいにち

幼稚園のころから、お絵かきが大好きでした。
自分でいうのもアレですが、小さい子にしてはレベルの高い子だったと思います。

母も絵を描くことが得意で、受け継いだなーと思うのですが、特に人物を描くのが好きでした。


小学生のころはマンガはまり、特に種村有菜さんが大好きすぎてただのオタクでした。イベントに行ったり、ファンレターは3ヶ月に1回は書いていた気がします。
漫画も画集も、欲しいものといえばそういうものでした。お洋服とかではなくw


そのころ、月にノート1冊は埋めるペースで、毎日1ページ以上は女の子の絵を描いていました。
洋服のデザインを考えるのも好きでした。
なので全身の絵をよく描いていました。


次第に漫画家を志すようになり、クラスの女の子にはわざわざお気に入りのノートとペンを託されて、1冊分描いてあげたりしていました。
夜の10時すぎまで描き続けていたりして、早く寝ろとよく言われていました。


とある子とは交換絵日記もしていました。
そこではずっと、ある主人公の女の子が存在していたのですが、たまに夢に出てくるぐらいw私にとってはかけがえのない女の子です。


亡くなった祖父には、毎年似顔絵をかなりガチで描いてあげていました。ずっと飾ってくれていたのはうれしかったなー。

それから、私の自宅にパソコンがやってきました。インターネットと出会ったのは小学3年か4年…10歳ごろだったと思います。


そのころから、少しずつですがマウスで絵を描くようになっていました。