have no choice

好き勝手、書く場所

【人生の振り返り】私を変えたインターネット

インターネットとの出会いは間違いなく、私の人生にインパクトを与えました。


ネット回線がひかれてからは、学校から帰宅するとすぐにパソコンを立ち上げる小学生になっていました。


もっと絵を描いてる人とつながりたい、そう思ってイラスト投稿サイトをよく見ていました。
自分はまだ投稿できるレベルにない!と思って、毎日マウスで絵を描くことを練習していました…(ちなみにいまはもう描けない笑)


そして、サイトをつくることに興味をもったんです。当時はまだブログもなかったし、簡単にサイトをつくるサービスもたいしてありませんでした。
容量制限のある無料サーバーをプロバイダから借りる、みたいな世界観でした。
本屋でhtmlの本を買った私は、ワードにhtmlを直接たたいておりました…コーディングとかタグとか、そういう言葉は一切知らずにw


ワードで初心者でもホームページがつくれる!みたいな本を見よう見まねで、つくりました。
サーバーにアップしてホームページができた瞬間の感動は今でも覚えています!
それがたしか小学5年生、11歳ごろのできごとでした。


地道に勉強してコツコツものをつくる、っていう作業が好きだったんだと思います。漫画もそうですよね。かつ、世に放つのが好きなんだと思います。


そのすぐ1年後かそこらには一気にホームページが簡単につくれるサービスや、ブログが登場し、すぐに乗り換えました。基本知識がその時点で養われていたので、抵抗なくはじめられました。
この頃からは、掲示板で色んな人と交流したり、2chも見ていました。あの頃はアングラでしたよね。親には内緒でみておりましたw


学校では情報の授業でパソコンを使うようになっていましたが、結構楽勝でほかの子に教えるような子でした。クラブ活動でもパソコン部みたいのに入っておりました。


そんな感じで小学校高学年にはどっぷりとネットの世界につかってしまっていました。親はなぜ私にパソコンとネットを与えたのか未だに知りませんが、結果的にはネット業界で仕事をすることになった私の原点だったりします。


変に怖がらずに新しいものに可能性を感じて、パソコンに毎日向かう私を特に叱ったりもせずにほっといてくれた親には感謝。