読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

have no choice

好き勝手、書く場所

恋愛相談をうけることは自分のためにもなる

日記

私はよく恋愛相談をうけます。

キャラ的にお姉ちゃんぽいからか、サバサバしているからか、声が低くて言葉もキツイからかはしりませんが。
あんまり優しいことは言わないのですが、よく相談されます。


取材をする人間なので話を深掘ることもあり、とにかく話してスッキリするタイプの女の子にとっては我ながらニーズがあるんだと思います。笑


で、自分の恋愛はうまくいってんのかというと全くうまくいってないので、あんまりアドバイスする立場にないと思います。
昔からの友人たちは私のことを「ダメ男製造機」と呼びイジってくるぐらい、“もはやネタ”な恋愛ばかりしてきました。
逆に言えば、経験は豊富だし色んな話を聞いているので、頭の中の「恋愛事例」は多いです。


タイトルにも書きましたが、
恋愛相談をうけることは自分のためにもなります。
人にアドバイスする言葉は、そのまんま自分にとっても当てはまる言葉だったりするからです。


今日もそういう会話がありました。

「すぐによりを戻したい」
『それはそんな男が好きで、すがってるかわいそうな自分が好きなだけだよ、悲劇ぶってんじゃねーよ』

「○○な彼が好きだったのに」
『逆にそこしか魅力がないのに好きなの?もう○○だった彼は死んだも同然だよ』

「あの時ああすればうまくいったのに」
『どっちにしろうまくいかないから。そこまでしてあげる価値ある男なの?自分のレベル下げてどうすんの?』


私はこんな感じのことを割とたんたんに話します。文字にするとひどいねw

でも別れた直後って、とりあえず1回は後悔しますよねー。でもそれでいいんです。
それだけその人のこと好きだったから仕方ないです。
後悔もできないような恋愛なんて時間の無駄です。

後悔するからいい女になれるんです。


人へのアドバイスは、自分への課題設定というか。人に偉そうにアドバイスするんだから、私はしっかりしなきゃなーと、こういう夜はいつも思います。


結局幸せになるのは自分次第なんですよね。
人にアドバイスをしていると、ハッとしてしまうことが多く、考えも整理されるので、こういう時間は好きです。



よし、自分磨きがんばろうー。
人を見る目を養おう。