読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

have no choice

好き勝手、書く場所

仕事の原動力

自分でも思うし、周りからも「ほんと仕事好きだよね」とよく言われます。

でも最近の自分は以前と比べて、「仕事が好き度」が下がっているようにも思う。

 

 

転職しよう!と思い始めたのは今年の5月。

理由は「ワカモンの勢い」みたいな感じで正直くだらないのですが、もうこの会社にいても成長できないなー、周りにもうライバルいないなー、もうこの上司の下にいたらストレスで死にそうだわー、そして、一緒に働き続けたいひとがいない、って思ってしまいました。

(そんなふうに思ってしまう出来事もあったわけですが)

 

あとは、ここでの仕事に飽きてしまったのが1番の理由なんだと思います。

 

「飽きた」だけで転職するのもどうかと思ったのですが、楽しいと思えないとモチベーションが下がる一方で、パフォーマンスも落ちていく一方…。本当に良くないなと思います。

いまの自分は、私が嫌いな人種になっているなぁと。

 

そんな風に思っていたら、尊敬しているひとから「動機の源泉」という紙をいただきました。

自分のなかで仕事の動機や原動力になっている項目にチェックしてみて、と。

 

たくさん線をひっぱってしまったんですが、3つ挙げるとすると

・1つのモノやコトを完成させる

・新しい人と出会える

・意味のあること、価値のあることをしている

が私のなかでベスト3だなと思いました。

この3つを満たせる仕事だと、私のモチベーションは高い状態で保てるといえそうです。

 

 

私は好奇心も原動力だし、忍耐力の必要な作業も好きだったりします。

自分に合っている仕事をみつけるのって大変なことだと思いますが、仕事の原動力が言葉としてハッキリわかっていると転職するにも方向性が見つけやすいなーと思いました。

 

 

わたしの好きな「Q10」というドラマがあるのですが、その作品では「社会人になったら尊敬する大人をひとりでも見つければ大丈夫」というセリフがあったなーと思い出しました。

 

道に迷っているときに、助言してくれる大人がいることはとてもラッキーだと思えた出来事でした。