思うこと、想うこと。

アラサーOLがダラダラ書くところ。

出来る人は顔つきがいい

出来る人は顔つきがいい。これは美女やイケメンというわけではなくて、決して美形でなくても仕事ができたり成功しているひとに見た目のおかしいひとはいない、ということ。

 

どんなに忙しくてヒゲが生えまくっていても、

化粧に気を使っていなくても、

逆に身なりを気にしない

自然体の姿が絶妙にその人らしさを

発揮していたりする。

 

 

仕事ができないひとや

きちんとしていないひとは

そもそも印象が悪いし

初対面でもわかることが多い。

めっちゃ意外!ってなることはない。

 

転職するときに

面接官のひとが仕事できなさそうだと

面接が進んだとしても蹴るし、

逆に面接官のひとが仕事できそうだと

そこで働きたくなる。

 

苦労や失敗もたくさんして

経験値が高いひとの顔つきは

大抵優しかったりする。

成功するひとには必ず人懐っこさもある。

人に好かれるようなひとは

手を差し伸べてもらいやすいのだと思う。

だから、笑顔で仕事できるひとは

成功しやすいと思う。

 

 

どんなに美女でイケメンでも

目が死んでいるひとは

仕事が大抵できない印象がある。

理不尽なことを平気でするし、

人にリスペクトがなかったりする。

そして、自分一人でなんでもできると思い込んでいたりする。

 

 

自分に非がないと思えることでも

でも私がひとこと指摘したり

気がついておけばよかった、と

思ったり反省することはとても大切だ。

 

 

思いやりの積み重ねと

苦労の数は顔に現れる。

 

 

だから、出来る人の顔つきは

味があって素敵にみえるんだと思う。