思うこと、想うこと。

アラサーOLがダラダラ書くところ。

切り替えが大事。

2つ前の投稿で10年後のプロポーズをうけたこと。じつは未だに引きずっています。

 

なんでこんなに引きずっているのかなと自己分析してみても、そもそも「言われたこと」自体がショックだったんです。

 

言われたことによって、彼への身勝手な期待や、身勝手な都合のいいみかた、接し方…

すべてが終わりを迎えたのです。

 

もうこれは終わった合図だなと。

 

そんななか、バレンタインが近いことから、その彼とわたしのバレンタインにまつわる記憶から抹殺していたエピソードを思い出しました。

 

もう、8年ほど前の話です。

 

ハタチそこらの私はとある風俗で働いていました。

で、バレンタインの前にその彼とバレンタイン当日に飲みに行く約束をしていました。

いまもそんなに関係性は変わっていないけれど、当時はバレンタインに誘ってくれたことが少なからず嬉しかったのです。

だからお金を貯めるのに必死だった当時の私は、その日がお店のイベントで稼ぎどきにもかかわらず、彼との約束を優先したわけです。

 

しかも学生だったし、暇だったし、今思うとむず痒いけれど、手作りチョコまで用意していましたwwwww

 

でも前日13日の出勤で、悲劇が起きます。

常連のお客さんにあり得ないぐらい首元にキスマークをつけられたのです。

 

私はいつもなら隠せるからどうとも思わないけど、その日ばかりは翌日に予定があったから必死に抵抗してしまいました。

それが逆効果で、お客さんを興奮させてしまい、首元はアザだらけ…

正直、次の指名をさすがにキャンセルせざるを得なくて、かなり萎えました。

 

で、せっかくデートに誘ってくれていたのに、その彼との約束もドタキャンしたのです。

あの時ばかりはなんで身体売ってんだかわからないし、やる気が失せました。

 

でも当時の私は、もう普通の男の子に好きになってもらえる価値すらないなと思ったんです。

むしろこんな状態の自分を愛してもらおうなんて、あたまおかしいなーと。

 

その出来事があまりにも辛かったから、記憶から消していたのですが、先日その10年後のプロポーズをうけて思い出してしまいました。

 

それと同時に、、

やっぱりあの時、あの仕事をしていなければもっとはやく彼と一緒になれていたかもなぁとも、思ってしまったんです。

それはそれで、都合のいい妄想だな、と思いますが。

 

私はその過去に誇りを持っていました。

かなり数はすくないけど、そんな時代の私すら受け入れてくれるひとと幸せになりたいと思っていました。

だから、あまり後悔もしていなかったのです。

 

でも、ここ最近、その仕事と離れて

フツーの生活(っていえないけど)に

近づくにつれて、自分の中に生き続ける

過去の私が許せなくなってきています。

 

もともとは、自分への制裁のつもりではじめた仕事でした。

でも、途中からは正直すごく楽しかった。

でも、いまは、そんな私はいなければ、もっとまともな価値観と人間性があったのではないか。と思えます。

 

でも、結局のところ、過去なんか変えられない。。

なかったことにはできない。

だから受け入れるしかない。

 

まずは過去の許せない自分を許さないかぎり、人のことを愛せないなと最近思います。

私はやっぱり私が嫌いです。

自分も愛せないのに、他人なんて愛せるわけがない。

 

でも愛が欲しくて。。

でも愛って何なのか、わからなくて。。

 

悩んでても解決しないから、切り替えるしかなくて。

素直に生きるしかなくて。でも素直ってよくわかんなくて。

 

いまはとにかく

ぐちゃぐちゃになっています。

手っ取り早く思うのは、

生きたいってことですね。